2013年07月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1: 名無しのダル人 2013/07/30 23:59:06 ID:Afndn/qli

no title

神アニメのISがある時点で豊作


【  続 き を 読 む  】

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1: 名無しのダル人 2013/07/31 14:28:03 ID:yo+DavTGP

殆ど乗ってねぇじゃねえか


PKjb7Rn

【  続 き を 読 む  】

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1: 名無しのダル人 2013/07/31 12:51:41 ID:53VEdhOLO

no title

no title


あとコンビニが中にあってそれも全て無料


【  続 き を 読 む  】

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1: 名無しのダル人 2013/07/31 13:49:26 ID:K9hW0cqL0

no title

no title

完全にエロゲ


【  続 き を 読 む  】

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
core-rules-of-netiquette-03s


1: 名無しのダル人 2013/07/30 18:36:20

 バカな店員がアイスクリームのショーケースに入り込んだ写真をネットに載せ、店が閉店に追い込まれたのは記憶に新しい。
しかし、この手のおバカ写真はいっこうになくならない。レポーターの森本さやかが「こんな写真を載せちゃうんですね」と
あきれたのは、海辺の高い崖の上から立ち小便する2人の男だ。深夜のアメ横でパンツ1枚になった男、テーマパークの
立ち入り禁止区域で逆立ちしたり、電車の網棚に横たわるスーツの男…。

 「とくダネ!」は網棚男を直撃した。すると「ノリですよね。それに尽きる。共感してほしかったんです」
「あ、オレもやりてえみたいな。目立ちたがり屋な性格もあるんで」という。大手企業勤務の20代。当然ながら、
「バカヤロー、何やってんだというのが多々あった」という。

 もんじゃ焼きを6人前いっぺんに焼いた写真には、面識のない人から「なんでこういうことするの」と書き込みがあったという。
「怖い」「びっくりした」と。そこであらためて驚いたとか。いまどき地球の裏側からだって見ているのだ。

 こうして炎上したケースのまとめまであった。書き込みは過激だ。「いますぐ死ね」「人間のゴミ」「地獄に堕ちろ」
「社会から消えろ」と激しいバッシングである。自分が不利益を被ったわけでもないのに、敵意むき出しだ。

 しかし、ネットは投稿者の思惑を簡単に飛び出す。不謹慎な写真を閲覧された男性は、名前、住所、電話番号、顔写真から
職場までがさらされた。匿名の電話で「会社辞めろ」とやられ、ついには職を失ったり、自殺未遂に至るケースもある。

 そうしたバッシングをした30代の会社員は、「こいついじめてやるかと」「人物の特定が始まったら面白い」
「とにかくもう攻撃してやろうという気持ち」という。普段は温厚だがネットを前にすると豹変する。
>>2以降に続く
ソース:http://www.j-cast.com/tv/2013/07/30180400.html


【  続 き を 読 む  】

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
images


1: 名無しのダル人 2013/07/30 19:27:33

アメリカ議会上院は29日、中国当局が沖縄県の尖閣諸島の周辺に船を派遣して地域の緊張を高めていると非難したうえ、
中国側に自制を求める決議を全会一致で採択しました。

この決議はアメリカ議会上院の外交委員会に所属する与野党の議員が提出したもので、上院は29日の本会議で、
全会一致で採択しました。

決議は沖縄県の尖閣諸島を含む東シナ海や南シナ海で中国の海洋当局が活動を活発化させていると指摘したうえ、
「中国の海洋当局の船が尖閣諸島の周辺で、日本の領海に侵入したり、中国海軍の艦艇が海上自衛隊の護衛艦に
射撃管制レーダーを照射したりしたことが地域の緊張を高めている」として中国を非難しています。

そのうえで、決議は「尖閣諸島は日本の施政下にあり、アメリカは日本の施政権を損なおうとするいかなる一方的な
行為にも反対する」として、中国側に自制を求めています。

アメリカ上院は去年、尖閣諸島を日米安全保障条約の適用範囲とする法案を可決しましたが、先月行われた米中首脳会談で、
中国側が尖閣諸島を巡って従来の主張を崩さなかったことから、こうした決議を採択することで、中国をけん制するねらいが
あるとみられます。

ソース NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130730/k10013396701000.html


【  続 き を 読 む  】

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
no title


1: 名無しのダル人 2013/07/30 20:37:08

■横路孝弘・前衆院議長

 安倍政権は社会保障を担う地方財政をカットし、軍事予算を増やし、集団的自衛権に手を出そうとしている。
だが、自民党は参院選で5割の投票率で4割の票を得たのであり、
有権者の2割の支持しかない。そんな政権が戦後日本の社会を基本的に変えることを許してはならない。

 今、われわれ民主党がやるべきことは、自民党と対峙(たいじ)することだ。政策で自民党と対決し、
われわれの主張を明確にすることが何よりも大事だ。国会で他党と共闘は大事だし、再編の議論があるが、
その前にわれわれが主体性を確立しなければならない。(横浜市内でのNTT労組の会合で)

ソース 朝日新聞
http://www.asahi.com/politics/update/0730/TKY201307300221.html


【  続 き を 読 む  】

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
images


1: 名無しのダル人 2013/07/30 21:38:01

 米太平洋空軍司令官が空軍のCV22オスプレイの配備先として米軍横田基地(東京都
福生市など)を明示したことに、政府内では「寝耳に水」(高官)との戸惑いが広がった。
横田配備には地元調整の難航が予想されるが、広域かつ多様な事態をにらみ拠点をできるだけ
多く確保したいのが米軍の本音。CV22は特殊部隊の輸送手段で、部隊の対処能力の
強化につながるとして歓迎する声もある。

 「聞いていないので実現性はないと思う」

 菅義偉官房長官は記者会見で横田配備方針に不快感をにじませた。嘉手納基地(沖縄県
嘉手納町など)への配備は織り込み済みだが、横田配備は「日米協議でも議論していない」
(防衛省幹部)ためだ。

 海兵隊のMV22の岩国基地(山口県岩国市)到着と重なり、タイミングも悪かった。
MV22が配備される普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を抱える沖縄以外にも反オスプレイの
渦を拡大しかねず、菅氏は「実現性はない」と言い切ることで火消しを図った形だ。

 特殊作戦用の空軍CV22と輸送用の海兵隊MV22は機体の9割が同じだが、CV22は
赤外線暗視カメラなどを加えている。戦闘地域で特殊部隊を投入・回収するのが任務で
難易度の高い訓練を行うため事故率もMV22より高い。

 CV22に乗り込むのは嘉手納基地所属の空軍特殊部隊。この部隊は東日本大震災発生の
5日後、滑走路も被災した航空自衛隊松島基地(宮城県東松島市)に強行着陸し、仙台空港の
復旧に大きく貢献した。

 CV22も回転翼を上に向ければヘリのように垂直離着陸ができ、前方に傾ければ
固定翼機並みの性能も得られる。政府高官は「日本に配備されれば有事や災害時に特殊部隊の
作戦・展開能力は高まる」と指摘する。

ソース:MSN http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130730/plc13073021180019-n1.htm


【  続 き を 読 む  】

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
kihon03


1: 名無しのダル人 2013/07/30 12:11:18

フィリピン・デイリー・インクワイヤラー紙によると、フィリピンの専門家が米国と日本が中古の艦船を供与することに
不満をあらわにしている。29日付で環球網が伝えた。

「使い古した艦船をもらっても、中国の最先端の軍事力を前に十分に自衛することはできない」と不満をあらわにしているのは
アテネオ・デ・マニラ大学政治学部の教授。安倍晋三首相がアキノ大統領との会見で巡視船10隻を供与することを約束したほか、
来月8日には米国からハミルトン級の巡視船がマニラに到着する。

「彼らはなぜ時代遅れの武器を売りたがる?米国は本当に友人なのか?彼らが供与するのは廃棄物ばかりだ」として、
アキノ大統領の軍事顧問たちを「考え方が幼稚すぎる。軍事手段が唯一の問題解決方法ではない。
話し合いこそが正しい方法だ」と非難している。

(編集翻訳 小豆沢紀子)XINHUA.JP 7月30日(火)8時43分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130730-00000006-xinhua-cn


【  続 き を 読 む  】

このページのトップヘ